自宅にいながら製菓材料が手に入る

お菓子作りが大好きな私は、思い立ったらすぐにケーキを作ります。

思い立ったらというよりは、甘いものが食べたくなったら。。という感じですかね。

そういうこともあり、いつもお菓子の材料や道具はそろっています。

ボウルやゴムベラ、スパチュラなどの道具はもちろん、

型もセルクルやパウンドケーキ型、ドーム型など。

材料は、どこの家庭にもある砂糖、卵はもちろん小麦粉(薄力粉・強力粉)、バター、ベーキングパウダー、ゼラチンなどなど。

ケーキのジャンルも、焼き菓子やムース、シュークリーム、マカロンなど何でも作れますよ。

ただ、賞味期限が切れていたり少量しか残っていなかったりで急に必要になる時もあります。困りますよね。作るのを我慢するしかないです。というより、食べるのを我慢するしかないです。。

そんな時に便利なサイトがあったのでご紹介します。

東京や大阪の都会には製菓材料屋もいくつかあるとは思います。

百貨店に入っていたり、閉まるのが早かったり。

都会にいてもどうしても店舗に行くことができないときは、

ネットでまとめて注文します。

参考サイトはこちら

いままで使ったことがない方は、種類の多さにびっくりすると思います。

いらないものまで買ってしまいますから(笑)

当日発送も可能なので、午前中に注文するのがお薦めです。

 

旅のお共にお得なカード

先日モナコへバカンスに行ってきました。

毎年モナコグランプリに行くようになって、5年目。

大好きな場所の一つですが、

毎年同じ時期に行くのに、航空券の値段が違うんんですよね。。

今年は、去年に比べて断然高かったです。

値段を気にせずビジネスやファーストクラスの方たちのように旅したい。

いつも思います。

でも、仕方ないですよね、一般庶民には。

せいぜいできても、マイレージを貯めて安く行くぐらいしかできません。

でもそれで、十分です。

マイレージもいい感じで毎回溜まっていくので、今回はモナコ行きで使ってみました。

ただ、いつも思うのですが、フライトも楽しめるけど、

乗り換えの時間も楽しみたい。

だいたい、乗り換え時間は3,4時間くらいのフライトにしているのですが、

することと言ったら、スタバでお茶して、友人へのお土産を見るくらい。

1時間もあれば用事は済んでしまいます。

何かイベントでもあればいいんだけど。。

なんて考えていると、

そうだラウンジなら色々楽しめるかもしれない。

と思いつきました。

乗り換えの際も、必ずベンチを探せるとは限らないので。。

でも、ラウンジって限られた人しか入れない場所ではないの?

という疑問があって興味もなかったんですけど、

試しにエミレーツのラウンジ受付の方に聞いてみると、

エコノミーの搭乗者でも、クレジットカードのステータス会員やプライオリティパス

提示者ならフリーで入れるとのこと。

クレジットカードは該当しないけど、そのプライオリティパスってなんだろう?

時間があったので、すぐに調べてみました。

年会費1万円ちょっとくらいで、世界中の空港ラウンジを利用できるカードらしいです。

でも高い。利用料も、1回につき3,000円くらいから。

やっぱり庶民には必要ない、3時間くらいの待ち時間はおとなしく過ごすかな。。

と思っていたら、同じ年会費1万円でも、楽天プレミアムカードというカードに

このプライオリティパスの一番上のクラスの利用ができるらしい。ということがわかりました。

詳しくは、こちら

毎回利用料無料で年間1万円。

いいですね~。必ず往復するので、1回の旅行だけでも、片道5000円で利用できるなんて快適。

おー、使ってみたい!!!

 

オーガニックオイルでお肌の調子が整う

2012年春、フランスで生活がスタート。

最初は硬質の水に全くなじめず、肌がカッサカサ。

乾燥肌の上に、更に硬水の水で乾燥した肌は、もはや手の打ちようもない状態になっていました。

 

が、1か月経ったころ、お肌は落ち着き飲み水も水道水でも体が拒否反応を見せなくなりました。

びっくりです。

同じころ、現地に住む日本人女性に出会い、彼女から肌のお手入れについて相談してみると、意外な答えが返ってきました。

顔を水で洗わない。

なんてこった!!!

と思いましたが、BIO製品の拭き取りクレンジングシートがあるとのことで、

どんなものか紹介してもらいました。

試しに一つ買って、即効その日の夜から試してみました。

今までゴシゴシシートで拭き取るなんて、信じられない。

と思っていましたが(彼女もそう言っていました)、慣れてくると、

わざわざ洗面所まで行かなくて済むし、寒い冬なんかは、冷たい思いもしなくて済む。

おまけに、保湿もしてくれるので、化粧水や保湿クリームも少しで十分になりました。

今まで、クレンジングオイルと洗顔料を購入していたものも、このシート一つで済む。

経済的でもあります。

フランスって、普通にドラッグストアでBIO製品が安くで手に入ります。

もちろん、他のヨーロッパ諸国もだいたいそうです。

 

それでも、もともと超乾燥肌で、市販されているブランドもののスキンケアはだいたい拒否反応を示すので、

オーガニック製品を使い始めて、本当肌が改善されましたね。

2年生活した後日本に帰国しましたが、今もオーガニックばかり使っています。

アラフォーの私ですが、お肌は30代前半ですかね。もっとかな。

最近のマイブームは、今年に入ってから使い始めて調子のよい「アルガンオイル

もともとフランスでも有名なスキンケア「Melvita」を使っていたから、

抵抗なくこちらのアルガンオイルを使うことができました。

ハンドクリームでかなりお世話になっていたので、安心して使ってみると、

いいですね~。

とってもお肌の調子がいいです。

洗顔後、化粧水をしみこませる前に、このアルガンオイルを使うと、

その後の化粧水がより浸透しやすくなります。

プルン。っとなるので、お薦めです。

男性にもファンが多いということで、ぜひ男性にも使ってほしいと思います。

テカリに効くらしいです。

こちらのサイトで紹介されているので、男性の方にもお試しいただき効果を体験してほしいです。

アルガンオイル 男性

 

アラフィフのhappyニュース

20代の頃に勤務していた職場の先輩から、Facebook経由でメッセージがあった。

なんと結婚しました!!!というもの。

びっくり。

全く男っ気がなく、見た目もあまりきれいではない人だったから、

あの人でも結婚できるの??

という感じの驚き(失礼きわまりない表現ですみません、先輩。わかりやすく表現するためお許しくださいm(__:)m

 

既にアラフィフの彼女からのメッセージは、私を大いに焦らしましたね。

まあ、焦っても仕方ないんですけど。。

プロフィール写真も、何だかお見合い用。みたいなこぎれいなものに変わってました。

熟練婚もいいですね。

ホッとしました。

私も結婚できるかもしれない。

と自信も湧いてきました。ありがとうございます!!!

結婚式するのかどうか心配していたところ、

そこはやはり永遠の女性のあこがれ、ウェディングドレスを着たい!

という夢があるのでやるそうです。

6月に結婚式を控え、エステにも通ってるそうですよ。

ほっそりして少しでもきれいなウェディングドレス姿を見せたいという配慮はすばらしい。

きっと、お金持ちのオジサマをゲットしたのでしょう。聞いてませんが。

そして、今年に入って知り合ってから、超電撃の入籍結婚だったようで、とても急ピッチで準備を進めたそうです。

参加するか、まだ迷っていますが、2次会だけにしておこうかな。旦那様見たいので。

そして、人脈を広げたいし!

 

それにしても、1年以上も前から結婚式どうしよう?いつにする?

って考えるのに、半年もないこの状態でよく式場手配できたな。。

と不思議に思いますが、どうやらめっちゃ安くていい式場を紹介してもらえた。

って喜んでました。サイトを教えてくれたので、結婚が近い方は参考に!

⇒ http://xn--onqv7d1xb05it2cc2i64ai62n.com/

見学とかも楽しんでたみたいで、今は、本当幸せのようです。

チャペルの式には参加しないのですが、ウェディングドレスは興味があるから見せてもらおうっと!!!

 

 

 

N.Yスラム街から早朝のTAXIに乗ったら...

思い立ったらすぐに旅に出る私ですが、

7,8年前、ノースキャロライナでMBA留学中の友人がもうすぐ帰国する。

というので、すぐに航空券を手配してもらい向かいました。

その途中、どうせなら、と元メジャーリーグ松井さんの専属カメラマンだった知人を訪ねN.Yに立ち寄りました。

でも、その彼は一時帰国で日本へ。

入れ違いなんて。。。残念。

そう思っていたら、「部屋使っていいよー!」

と、スラム街にあるお部屋を貸してくれました。

が、セントラルパークも北側を突き抜けると、雰囲気がガラッと変わり、

とても女性一人では歩けない。。。という空気感。

ここに1週間も滞在する気?私。

そう自問自答しながらマンションまでたどり着きました。

毎朝、隣人のファンキーなラップが目覚まし代わり。

壁も窓も薄い。。。

逆に、いつも誰かがいる。って安心感もある。

とか思いながら目覚め、気を取り直してN.Yの街を歩いて忘れてました^^*

いよいよノースキャロライナへ出発、という日の早朝。

そこから始発のメトロに乗るか、タクシーを拾うか??

苦渋の決断で、いっちょやってみよう。

と恐る恐る信号のわきで手を挙げてみました。

N.Yでタクシーに乗るだけでも怖いのに。。

黒人の威圧感あるドライバーだったら乗りたくないな~。

そうつぶやきながら、止めたタクシーには、なんと!!!

白人のとても優しそうなおっちゃん。

珍しい。スラム街を運転するTaxiでもこんなおっちゃんいるんだ!!!

JFK空港まで。と告げると、おっちゃんは、

「日本人かい?こんな時間にどうしたの?」

そんな会話をしてると、「うちの息子も日本人のお嫁さんもらったよ。沖縄に住んでる。」

って。親しげに話しかけてきたのはそのせいなのね!?

お~なんて偶然。こんな早朝(6時過ぎ)にスラム街で会うべき人だったのね~♪

空港手前でメーターを止めてくれて、おまけに二人でセルフィー^^

海外に行って初めて乗ったタクシーでこんな出会いがあるなんて奇跡!

最初で最後のタクシーでしょうけど、本当このおっちゃんに出会ってよかった~。

N.Yだから怖かったんだけど、きっとアジアの田舎だったら。。ぼったくられても知れてるか。

と思ったかも。

次は、アジアの田舎に行ってみようかな。そうつくづく思います。

で、早速探してみました。

海外一人旅 カンボジア

のんびりして、癒されて、Taxiのドキドキ感は味わわなくても専属ドライバーいるから安心そう。

女性は特に、一人だと不安なんで、こういうサービスがある方がいいですよね。